オートファジーシグナル伝達に関連する受容体

オートファジーは、さまざまなオートファジー関連タンパク質によって厳密に制御されているプロセスである。非選択的オートファジーは細胞が飢餓状態にあるときに引き起こされるのに対して、選択的オートファジーは、機能不全のオルガネラ、ミスフォールドおよび/またはユビキチン化タンパク質、ならびに細胞内病原体の除去に関与する。これらの成分は、p62/SQSTM1などのオートファジー受容体によって認識され、そしてファゴフォアに輸送される。

オートファジーシグナル伝達に関連する受容体

選択的オートファジー受容体は通常、いくつかの共通ドメイン、例えばLC3-interacting-region (LIR)モチーフ、ある特定のカーゴ相互作用ドメインを有する。オートファジー受容体は、特定のカーゴを認識し、そしてユビキチン依存的および非依存的な様式での分解のためのオートファジーシグナル伝達に補充し、そしてそれらの機能は、タンパク質修飾、例えばリン酸化およびユビキチン化によって調節される。 選択的オートファジーにおけるオートファジー受容体の役割は確立されており、そして分裂終了細胞において特に重要である。

オートファジー受容体はそれらの特定のカーゴ結合ドメインに基づいて分類することができる。基本的に異なる原理は、タンパク質特異的相互作用ドメインから翻訳後修飾(PTM-)結合ドメインを経て膜貫通ドメインまでの範囲にわたる選択的オートファジーにおいてこれらの結合ドメインを使用するために用いられてきた。

タンパク質特異的相互作用ドメインは、一組の非常に特殊化された標的のみのオートファゴソーム送達をもたらすが、PTM特異的結合ドメイン、すなわちユビキチン結合ドメインは、多種多様なタンパク質のオートファジー会合を可能にする。最後に、膜包埋のおかげで、オートファジー受容体は選択的オートファジーのためのオルガネラ特異的ターゲティングを仲介する。

異なるオートファジー受容体は異なるカーゴを基質として認識し、そしてカーゴの性質に応じて、いくつかの選択的オートファジー経路が記載されている:ミトコンドリア(mitophagy)、リボソーム (ribophagy)、ペルオキシソーム(Pexophagy) 、小胞体(reticulophagy) 、核膜(nucleophagy) 、リポソーム(lipophagy) 、およびリソソーム (lysophagy)など。したがって、選択的オートファジーは細胞の恒常性の維持に重要な役割を果たしており、細胞の主要な品質管理メカニズムと見なされる。

分子リストによるオートファジーシグナル伝達に関連する受容体(一部)

オートファジーシグナル伝達関連参考文献

1. Zhiqiang Deng, Kerry Purtell, etc. Autophagy Receptors and Neurodegenerative Diseases. Trends in Cell Biology. 2017; 27:491-504.
2. Byeong-Won Kim, Do Hoon Kwon, etc. Structure biology of selective autophagy receptors. BMB Rep. 2016; 49(2): 73-80.
3. Christian Behrends, Simone Fulda. Receptor Proteins in Selective Autophagy. International Journal of Cell Biology. 2012; 1-9.
4. Vladimir Rogov, Volker Dotsch, etc. Interactions between Autophagy Receptors and Ubiquitin-like Proteins Form the Molecular Basis for Selective Autophagy. Molecular Cell. 2014; 167-178.