DYKDDDDK (FLAG® エピトープタグ) 抗体

DYKDDDDK (FLAG® エピトープタグ) 抗体

DYKDDDDK(FLAG®エピトープタグ)は、分子生物学技術によってタンパク質のN末端またはC末端に融合させることができるエピトープタグです。DYKDDDDK(FLAG®エピトープタグ)は、1.0 KDaの分子量を有し、8個のアミノ酸を含みます。DYKDDDDKは市販のFLAGタグ抗体によって認識され、そしてウエスタンブロッティング(WB)およびELISAなどの方法によってFLAG融合タンパク質を検出、同定します。

Sino Biologicalが自社開発したDYKDDDDK (FLAG® エピトープタグ) モノクローナル抗体は厳格な品質管理を受けており、DYKDDDDKで標識した標的タンパク質を検出することができ、免疫蛍光(IF)実験に用いられます。

実験に適したDYKDDDDK (FLAG® エピトープタグ) 抗体を選びましょう。 

製品の説明 適用 品番(PDF) サイズ 価格 選びます
DYKDDDDK (FLAG® エピトープタグ) 抗体, マウスモノクローナル抗体 ICC/IF IF 100233-MM01 50 µL  
100233-MM01 100 µL  
100233-MM01 500 µL  
100233-MM01 1ml  
100233-MM01 5ml  
* 購入をご希望の品に印を付けて、カートに追加してください。 カートに追加します

DYKDDDDK (FLAG® エピトープタグ) 抗体の特徴

免疫蛍光(IF)実験に適します。

免疫蛍光(IF)実験に適するDYKDDDDK (FLAG® エピトープタグ) 抗体
DYKDDDDK (FLAG® エピトープタグ) 抗体 (品番: 100233-MM01)を使用して、PCMV-CDH1-flag (図A) 、pSTEP2-Flag-FABP4-GST (図B) 、 pSTEP2-Flag-ARG1-GST (図 C) とFlag-PRMT5-His (図 D) でトランスフェクトした293細胞について免疫蛍光分析を行います。
細胞を4%PFAで固定し、続いて0.3% Triton X-100含有のPBS溶液で透過処理し、10%血清でブロックし、そしてマウス抗DYKDDDDKモノクローナル抗体と共に37℃で1時間インキュベートしました。 その後、細胞をAlexaFluor®488標識ヤギ抗マウスIgG二次抗体(緑色)でインキュベートし、最後にDAPI(青色)で対比染色しました。

推奨の二次抗体:
> ヤギ抗マウスIgG 二次抗体 (HRP) (品番: SSA007)
> ヤギ抗マウスIgG-Fc 二次抗体(HRP) (品番: SSA006)
> ヤギ抗マウスIgG 二次抗体(Biotin) (品番: SSA014)
> ヤギ抗マウスIgG-Fc 二次抗体(Biotin) (品番: SSA013)

免疫沈降 (IP):
> DYKDDDDK (FLAG®) タグ免疫沈降磁気ビーズキット(品番: TB101274)
> DYKDDDDK 合成ペプチド(品番: PP101274)

精製:
> 抗DYKDDDDKタグアフィニティレジン (品番: 101274-MM13-RN)

info info
カートに追加しました カートに追加しませんでした