TNFシグナル伝達経路

TNFシグナル伝達経路の背景知識

サイトカインの腫瘍壊死因子(TNF)スーパーファミリー活性化シグナル伝達経路は細胞の生存、死亡および分化を調節するのに用いる。腫瘍壊死因子スーパーファミリーの分子は、リガンド媒介三量体化を介して作用し、ひいてはいくつかの細胞内アダプターの動員を引き起こし、複数のシグナル伝達経路を活性化する。腫瘍壊死因子はTNFRと結合することによって作用し、アポトーシスを誘発する外因性経路の一部である。TNFRは、アダプタータンパク質(FADD、TRADDなど)を介してプロカスパーゼと結合する。ひいては他の不活性なプロカスパーゼを切断し、カスパーゼカスケードを引き起こし、細胞をアポトーシスに不可逆的にさせる。アポトーシス経路の研究により、リソソームDNA分解の欠陥が、マクロファージを活性化して、Toll様受容体(TLR)非依存的様式でIFNβおよびTNFのようなサイトカインを産生することを明らかにした。腫瘍壊死因子は腫瘍細胞と相互作用して細胞溶解または細胞死を誘発する。腫瘍壊死因子も炎症反応を促進することができる。

お問い合わせ

  • Tel: +1215-583-7898
  • Email: order_us@sinobiological.com
  • Fax: +1267-657-0217
  • 代理店