幹細胞タンパク質

タンパク質生産過程における厳格な品質管理

図1.ヒトIFN-γ
11725-HNAS)タンパク質生産過程における細胞コントロール百分率

図2.ヒトTNF-α/ TNFA
(10602-HNAE) タンパク質生産過程における細胞毒性試験
 

図3.ヒトLIF
(14890-H08H) タンパク質生産過程における阻害百分率

図4.ヒトIFNB1
10704-H02H) タンパク質生産過程における細胞生存率

おすすめの幹細胞タンパク質

CT014-H2508H ヒト ITGA5 & ITGB1 ヘテロ二量体タンパク質 > 90 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10481-H08H ヒト TNFRSF4 / OX40 / CD134 タンパク質 (His Tag) > 90 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
50976-M08H マウス NBL1 / DAND1 / DAN タンパク質 (His Tag) > 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
80243-R02H Rat TrkB / NTRK2 タンパク質 (Fc Tag) > 92 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
90251-C02H カニクイザル PD-L1 / B7-H1 / CD274 タンパク質 (Fc Tag) > 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
50446-M08H マウス CD80 / B7-1 / CD28LG タンパク質 (His Tag) > 97 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
50010-M03H マウス PD-L1 / B7-H1 / CD274 タンパク質 (His & Fc Tag) > 97 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10804-H08H1 ヒト TGFB1 (LAP) / TGF-beta 1 タンパク質 (His Tag) > 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
50810-M08H マウス CD123 / IL3RA タンパク質 (ECD, His Tag) > 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10186-H02H ヒト CD147 / EMMPRIN / Basigin タンパク質 (Fc Tag) > 97 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10084-H05H ヒト PD-L1 / B7-H1 / CD274 タンパク質 (ECD, Fc Tag) > 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10051-H08H ヒト ANPEP / CD13 タンパク質 (603 Met/Ile, His Tag) > 97 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
11188-H08H ヒト B7-H3 / CD276 タンパク質 (His Tag) > 98 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
80451-R08H ラット SELP / セレクチン P / P-セレクチン タンパク質 (His Tag) > 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
90846-C02H アカゲザル OX40 / CD134 タンパク質 (Fc Tag) > 90 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質

Sino Biological Inc.の幹細胞製品

幹細胞の背景知識

幹細胞は自身を更新し、多様な細胞型に分化するという2つの特性を持っている。哺乳動物幹細胞には胚性幹細胞および体細胞または成体幹細胞という2つのタイプがある。胚性幹細胞は胚盤胞の内部細胞塊から単離され、成体幹細胞は成体組織中に見出される。発生中の胚において、幹細胞は、全ての特化した胚組織に分化することができる。成体生物では、幹細胞および前駆細胞は体の修復系として作用し、特化する細胞を補充することだけでなない。多能性および自己再生の無限の能力のため、胚幹細胞療法は再生医学および損傷または疾患後の組織の置換に使うことが提案されている。限定された因子を有する体細胞の再プログラミングによって胚性幹細胞療法における同種異系幹細胞移植の問題が解決され得る。胚性幹細胞の特性を維持するために重要な因子および遺伝子が強制的に発見されたことによって胚性幹細胞状態の成体細胞に再プログラムされたが、このような細胞は誘導性多能性幹細胞(iPSC)と呼ばれる。