NF-kB (NFkB)シグナル伝達経路

NF-kB (NFkB)シグナル伝達経路の背景知識

シグナル経路では、NF-κB/ Relタンパク質はIκBタンパク質に結合すると同時にIκBタンパク質に阻害される。成長因子、炎症誘発性サイトカイン、化学療法、放射線療法および抗原受容体はIKK複合体を活性化し、そしてIKK複合体はIκBタンパク質をリン酸化する。IκBのリン酸化は、そのユビキチン化およびプロテアソームによる分解をもたらし、ひいてはNF-κB/ Rel複合体を遊離させる。それにより、転写因子NF-κBが放出され、サイトカイン、細胞接着分子および抗アポトーシスタンパク質の発現を促進する。NF-κBシグナル経路は免疫系の発達および機能不全に影響する。この経路における大部分のタンパク質は、自然免疫および適応免疫、炎症、ストレス応答、B細胞発生およびリンパ系器官形成を含む広範囲の生物学的プロセスに影響を及ぼす遺伝子の発現を調節する。

お問い合わせ

  • Tel: +1215-583-7898
  • Email: order_us@sinobiological.com
  • Fax: +1267-657-0217
  • 代理店