インフルエンザウイルス研究試薬

インフルエンザウイルス分子

ほとんどのサブタイプと株をカバー

  • • 2500種類以上の研究試薬:組み換え蛋白、抗体、遺伝子、ELISA
    • 60以上のサブタイプ:H1-H18、N1-N11、インフルエンザB
    • 250以上の株:ワクチン株、HPAI株、重点株、新しい株
    • 10種のインフルエンザウイルス抗原:HA(HA0、HA1、HA2、HA)、NA、NP、M1、M2、NS1、NS2、PB1、PB2、PA

流行性&鳥インフルエンザ用試薬

インフルエンザ関連情報

インフルエンザの背景情報

インフルエンザ(インフル)はオルソミクソウイルス科のRNAウイルスによって引き起こされ、哺乳類や鳥類の呼吸器感染症である。このウイルスは3つの主要な型(インフルエンザA、インフルエンザBおよびインフルエンザC)に分けられ、2つの主要な内部タンパク質(ヘマグルチニン(HA)およびノイラミニダーゼ(NA))の違いによって区別される。A型インフルエンザウイルスは、様々な鳥類および哺乳動物種に見出され、免疫学的特性に大きな変化を起こすことができる。 B型インフルエンザウイルスは、主にヒトに限定され、罹患の重要な原因である。インフルエンザウイルスC型は罹患の重要な原因ではないため、ほとんど知られていない。

膜タンパク質であるヘマグルチニン(HA)とノイラミニダーゼ(NA)の違いに基づいて、インフルエンザAはさらにサブタイプに分類され、これは免疫系の最も重要な標的である。表記HhNnは、h番目に発見された赤血球凝集素(HA)タンパク質およびn番目に発見されたノイラミニダーゼ(NA)タンパク質を含むサブタイプを指すために使用される。インフルエンザウイルスヘマグルチニン(HA)タンパク質は、各単量体の球状頭部に受容体結合ポケットを有するホモ三量体であり、インフルエンザウイルス性ノイラミニダーゼ(NA)タンパク質は、各単量体の頭部に酵素活性部位を有する四量体である。サブタイプはさらに株に分けられる。そして、遺伝的に異なるウイルス分離株は、通常、単独な株であるとみなされる。

ヒトに感染することが知られているインフルエンザウイルスには、以下のサブタイプが含まれる。H1N1 virus that caused "Spanish Flu" (A/BrevigMission/1/1918(H1N1)) and seasonal flu (A/Brisbane/59/2007(H1N1), A/New Caledonia/20/1999(H1N1), and A/Solomon Islands/3/2006 (H1N1)) and a reassorted virus (A/California/04/2009(H1N1)) that caused the 2009 swine flu outbreak; H2N2 virus that caused the "Asian Flu"; H3N2 virus that caused the "Hong Kong Flu"; H5N1 "The Bird Flu" virus (A/Anhui/1/2005 (H5N1), A/Vietnam/1203/2004, A/Vietnam/1194/2004 (H5N1), A/bar-headed goose/Qinghai/14/2008 (H5N1), A/turkey/1/2005 (H5N1), A/Indonesia/5/2005 (H5N1)) that was the world's major influenza pandemic threat until the Swine Flu Pandemic of 2009。異常な人獣共通感染症の可能性があるH7N7ウイルス。現在ヒトおよびブタにおいて風土病であるH1N2。それとH9N2、H7N2、H7N3、H10N7ウイルス。

インフルエンザ研究には、インフルエンザに関する分子ウイルス学、発病機序、宿主免疫応答、ゲノミクス、疫学などを調べることに関与する。インフルエンザ研究の主な目的は、ワクチン、治療法、診断ツールなどのインフルエンザ対策を開発することである。インフルエンザウイルスワクチン接種は、インフルエンザウイルス感染および流行性感染を抑制するのに有効なアプローチである。各季節性インフルエンザワクチンは、3種類のインフルエンザ亜型ウイルス(一つの亜型A型インフルエンザH3N2ウイルス、1つの定期的な季節性A型インフルエンザH1N1ウイルス(2009年のH1N1ウイルスではない)および1つのB型インフルエンザウイルス)由来の赤血球凝集素(HA)およびノイラミニダーゼ抗原を含む。時間の経過とともにインフルエンザウイルスは変異(antigen minor drifting またはantigen major shifting)を続けるため、ワクチンのウイルスは、毎年、国際的監視網や科学者の見積もりに基づいて変わる。インフルエンザウイルス抗原のワクチン接種の約2週間後、インフルエンザウイルス感染に対する防御を提供する抗体が体内に発生する。

インフルエンザワクチンの防御機構は十分に確立され、それはインフルエンザウイルスタンパク質抗原、例えばヘマグルチニン(HA)およびノイラミニダーゼ(NA)タンパク質抗原に対して産生された中和抗体(ポリクローナルヒト抗体)である。中和抗体は、宿主細胞へのウイルス結合を遮断し、宿主細胞へのウイルス侵入を阻止し、感染宿主細胞を死滅させることができる。ヘマグルチニン(HA)抗原に対して産生されるか、またはヒトB細胞(ヒトモノクローナル抗体)からクローニングされる組換えモノクローナル抗体(Mab、マウスモノクローナル抗体、ウサギモノクローナル抗体、キメラモノクローナル抗体、ヒト化モノクローナル抗体)は、有望な抗インフルエンザ感染製品の候補者である。

現在のところ、リレンザ (ザナミビル - ZMV)、タミフル (オセルタミビル - OTV) とアマンタジン/リマンタジンの3種類の抗インフルエンザ薬がある。後者はM2イオンチャネルを標的とし、他の化合物はノイラミニダーゼ(NA)を標的とし、構造ベースの酵素阻害剤プログラムによって設計された。ノイラミニダーゼは、感染された細胞からのインフルエンザウイルスの放出を促進し、気道内でのウイルスの拡散を促進する。ノイラミニダーゼ阻害剤は、感染された宿主細胞からの子孫インフルエンザウイルスの放出を妨害し、それによって呼吸器系における感染の拡散を停止させる。インフルエンザノイラミニダーゼ阻害剤は毒性がほとんどなく、薬剤耐性インフルエンザの発生を促進する可能性は非常に低い。さらに、ノイラミニダーゼ阻害剤は、全てのノイラミニダーゼ亜型に対して有効であり、したがって、インフルエンザの全ての株に対して有効であり、流行および汎発性対策のキーポイントとなる。ノイラミニダーゼ阻害剤は、M2阻害剤よりも広範な抗ウイルス薬効範囲、より良好な耐性および抵抗出現の可能性が低いため、インフルエンザの治療における重要な進歩となる。