7. 私はsinobiological WB抗体用の陽性対照ライセートとして何が使えますか?

7. 私はsinobiological WB抗体用の陽性対照ライセートとして何が使えますか?

ウエスタンブロッティング抗体で最高のウエスタンブロット性能を得るために、テクニカルデータシートで推奨されているポジティブコントロールライセートをご使用ください。私たちが確立したプロトコールに正確に従うことで、ポジティブコントロールにより、初期の実験で私たちが確立した結果を複製することができます。
長期間保存の場合、これらのライセートを-20℃で保存することを推奨します。ライセートは極めて安定です。なぜなら、それらはすべての酵素が変性で不活性化されている細胞調製物です。私たちはすでに広範な研究を行い、異なる条件下で安定性を確認しました。例えば、繰り返しの凍結融解サイクルの場合にしても、25℃で最大12週間保存した場合にしても、ほとんどのライセートの完全性および品質は影響を受けませんでした。しかしながら、ライセートは、37℃で保存した場合、4週間になると分解し始まります。ライセートのソースによっては安定性に多少のばらつきがあるので、-20℃で保存することを強く推奨します。

抗体
抗体
ウェスタンブロッティング/ WB抗体
ウェスタンブロット/ WB技術センター+
- ウェスタンブロットの紹介
- ウェスタンブロット/ WBのコツ
- ウェスタンブロット / WBのFAQ
1. 私のブロットには複数のバンドがあるのはなぜですか。
2. シグナルが弱い、またはシグナルがまったくない原因は何ですか。
3. なぜ、anti-phosphorチロシン抗体を使う場合、高いバックグラウンドおよび/またはシグナルが減少するのでしょうか?
4. 時間が経つにつれて、ウェスタンブロットにおける抗体の活性が減少するのはなぜですか?
5. 不十分または不良なトランスファーの問題はどのように克服するのですか。
6. 「splotchy」または不均一なウェスタンブロットを避けるにはどうすればよいですか?
7. 私はsinobiological WB抗体用の陽性対照ライセートとして何が使えますか?
8. 一つのウェスタンブロットにはバンドが多すぎます。
9. シグナルが弱い、またはシグナルがまったくありません。
10. 非特異的なバンド
11. バックグラウンドが高い
12. どのくらいのタンパク質を分析すべきですか?
13. このタンパク質を分解するために何パーセントのアクリルアミドゲルを使用すべきですか?
14. どんな膜を使用すべきですか。
15. どんなブロッキングバッファを使うべきですか?
16. 一次抗体はどれくらいの希釈率で使用すればいいですか?
- ウェスタンブロット/ WB プロトコール
- ウェスタンブロット/ WBトラブルシューティング