ウェスタンブロッティング抗体

Sino Biologicalは2,000以上のウェスタンブロッティング検証済み抗体を提供しており、ターゲットに合わせてワークフローを制定することができます。当社のすべての抗体の生産は、異なるアプリケーションの抗体の専門知識によって決まります。

特定のウェスタンブロッティング検証済み抗体を検索します。
検索
見つけられない場合、抗体開発・作製サービスをお試しください。

当社のウエスタンブロット抗体はどのような特徴がありますか?

当社のウエスタンブロット抗体は数百の抗体からスクリーニングされており、IHC、IP、FACSおよびIF試験を含む様々な他のアプリケーションを持っています。これにより、研究資金と購入する時間を節約することが可能です。 WB抗体の特徴についてもっと学びましょう。

  • • ノックアウト細胞/組織で検証済み

    TFRC抗体(品番 11020-R001)を使用した、TFRCノックアウト Hela全細胞ライセート(A)およびHela全細胞ライセート(B)のウエスタンブロット分析

  • • 組換えタンパク質および天然タンパク質への結合

    BID抗体(品番10468-MM02)を使用した、組換えBIDタンパク質(左)およびBID 含有Jurkat細胞ライセート(右)のウエスタンブロット分析

  • • 様々な細胞および組織ライセートで検証済み

    beta-tubulin 抗体(品番100109-MM05T)を使用した、beta-tubulin含有様々な細胞および組織ライセートのウエスタンブロット分析

おすすめのウェスタンブロッティング製品

ウェスタンブロッティング用のその他の抗体

ウエスタンブロッティングに関する技術情報

抗体
• ウェスタンブロッティング/ WB 抗体
- WB製品センター
- ウエスタンブロット/ WB技術センター
- ウェスタンブロッティング/ WB抗体の特徴
• フローサイトメトリー(FCM) / FACS抗体
• 免疫組織化学 / IHC抗体
• 免疫蛍光 / IF / ICC抗体
• 免疫沈降 / IP抗体
• ELISA抗体

当社のウエスタンブロット抗体は、高感度、高特異性および高安定性というメリットがあります。高品質のウエスタンブロット抗体を確保するために、Sino Biologicalは厳格な品質管理手順に従います。 これらのウエスタンブロット抗体は、ヒト、マウス、ラット、イヌ、カニクイザルなどのさまざまな種の抗原で免疫されます。また、一部のウエスタンブロット抗体は免疫チェックポイント、薬剤標的、免疫療法などの人気の研究分野をカバーします。

ウエスタンブロットを成功させるには、抗体の品質が最も重要な要素の1つです。 当社のウエスタンブロット抗体は、Hela、MCF7、HepG2などの癌細胞、HESC(ヒト胚性幹細胞)、MSC(間葉系幹細胞)などの幹細胞を含む複数の種類の細胞によって広く検証されています。 一部のウエスタンブロット/ WB抗体はまた、マウス、ラット、フェレットなどの動物組織で検証されています。

モノクローナル抗体およびポリクローナル抗体は、ウエスタンブロット分析において目的のタンパク質を検出するために使用されます。 ポリクローナル抗体が単一の抗原上のいくつかの異なるエピトープに結合するのに対して、モノクローナル抗体は標的抗原内の単一のエピトープのみを認識します。 このため、モノクローナル抗体とポリクローナル抗体との間に顕著な違いがあります。即ち、モノクローナル抗体は、ポリクローナル抗体より特異性が高いが、親和性が低いです。 しかしながら、両方とも標的タンパク質を認識するのに最適なツールです。