分子標的療法

標的による標的療法

標的療法: ほか

標的療法: 背景知識

  癌治療には、化学療法剤の初期の方法は細胞傷害性薬物であった。それらの有糸分裂阻害の作用は癌細胞に限定されず、造血系に特に深刻な影響が見られ、しばしば好中球減少症または汎血球減少症が生じる。それと逆に、標的療法は特定の分子特性に基づいて癌細胞に選択的に作用することを目指している。療法の標的は多様であるが、細胞成長、増殖、そして最近では免疫回避を伴う。 それでは標的療法とは何か?標的療法は、通常、正常細胞にほとんどダメージを与えずに、がん細胞をより正確に特定して攻撃するために、薬物などの物質を使用する新しいタイプのがん治療である。多くの臨床試験が行われ、FDAの承認を得て、癌の治癒的治療法であることが確認されている。

標的療法: 参考文献

Charlton P, Spicer J. Targeted therapy in cancer[J]. Medicine, 2016, 44(1): 34-38.