SIRP alpha & CD47 免疫チェックポイント経路

SIRPα & CD47 免疫チェックポイント経路:説明

CD47 は、マクロファージおよび樹状細胞特異的タンパク質シグナル調節タンパク質アルファ (SIRP alpha)への結合を介して食作用を調節するなど、さまざまな機能を持つ細胞表面糖タンパク質である。SIRPαおよびCD47免疫チェックポイント経路として、SIRPαのCD47への結合は、食作用を阻害するためのシグナル伝達を開始することにより、本質的に「私を食べないで」というメッセージをマクロファージに送る。CD47の発現の増加は、それを通して癌細胞が免疫検出および食作用を回避するメカニズムであることが提唱されている。CD47の発現は、急性骨髄性白血病(AML)、急性リンパ芽球性白血病(ALL)、非ホジキンリンパ腫(NHL)、原発性滲出液リンパ腫、多発性骨髄腫、平滑筋肉腫、および膀胱がんを含むいくつかの癌で増加している。また、抗CD47遮断抗体を用いた癌細胞上のCD47の標的化は、インビトロでマクロファージによる食作用を促進することができる。さらに、抗CD47遮断抗体による治療はrituximab治療と相乗作用を示し、in vitroで食作用を促進し、in vivoで非ホジキンリンパ腫の異種移植片モデルにおける癌細胞を排除することはできる。さらなる結果によると、種々のヒト固形腫瘍におけるCD47の発現が増加し、そして、抗CD47抗体を用いてSIRPαおよびCD47免疫チェックポイント経路を遮断することは、インビトロで固形腫瘍細胞の食作用を促進し、そしてインビボで固形腫瘍の増殖を減少させることができる。

SIRPα & CD47 免疫チェックポイント経路: 参考文献

Martina Seiffert et al. Signal-regulatory protein α (SIRPα) but not SIRPβ is involved in T-cell activation, binds to CD47 with high affinity, and is expressed on immature CD34+CD38−hematopoietic cells. 2001; Blood: 97 (9).