受容体

インターロイキンおよびインターロイキン受容体

TNF & TNF受容体

ケモカイン&ケモカイン受容体

薬物標的としての最も人気なGPCR

種類別のほかの受容体

受容体の背景知識

受容体はタンパク質であり、通常はリガンドに結合し、免疫系において応答を引き起こす細胞表面受容体である。受容体は、B細胞、T細胞、NK細胞、単球および幹細胞のような様々な免疫細胞に見出され得る。受容体は、細胞が特定のリガンドを認識し、細胞外のメッセージを受け取ることを可能にする。受容体は5つのファミリーに分類することができる:1)脂質の、または親油性リガンドの受容体。2)応答を増幅するために、Gタンパク質、エフェクターおよびセカンドメッセンジャーの活性化による伝達によってそれらのメッセージを媒介する7回膜貫通受容体。3)それらの膜貫通ドメインに酵素活性を示す受容体。4)チャネル受容体。細胞内にイオンを流入させると膜貫通オリゴマー分子。5)リガンドをインターナライズ する受容体。

さらに、受容体は、細胞活性化、細胞接着およびシグナル伝達経路などの機能において重要な役割を果たす。例えば、T細胞、樹状細胞、B細胞、顆粒球およびNK細胞を含む細胞の活性化は、先天性および適応免疫系における重要なプロセスである。 これらの細胞の表面上の受容体は、完全な細胞活性化プロセスの完成に助ける。病原体を認識する先天性免疫受容体は、局所炎症、新しいエフェクター細胞の動員、局所感染の封じ込めおよび適応免疫応答の開始に関与する誘導応答のシグナル伝達においても重要な役割を果たす。

受容体の参考文献

1. Feger, J., Gil-Falgon, S., & Lamaze, C. (1994). Cell receptors: definition, mechanisms and regulation of receptor-mediated endocytosis. Cellular and molecular biology (Noisy-le-Grand, France), 40(8), 1039-1061.

2. Akira, S., Uematsu, S., & Takeuchi, O. (2006). Pathogen recognition and innate immunity. Cell, 124(4), 783-801.