受容体チロシンキナーゼ(RTK)のタイプ

• EGFR(表皮成長因子受容体ファミリー) • PDGFR(血小板由来増殖因子受容体ファミリー)
• NGFR(神経成長因子受容体ファミリー) • FGFR(線維芽細胞増殖因子受容体ファミリー)
• IGF1R(インスリン様増殖因子-1受容体ファミリー) • INSR(インスリン受容体ファミリー)
• MCSFR(マクロファージコロニー刺激因子受容体ファミリー) • EGFR(血管内皮増殖因子受容体ファミリー)
• HGFR(肝細胞増殖因子受容体ファミリー)  

受容体チロシンキナーゼ(RTK)マップ

受容体チロシンキナーゼ(RTK)試薬

受容体チロシンキナーゼ(RTK)タンパク質

 
• 高純度:> 95% • 高い生物活性 • 内毒素が低い:<1.0 EU /μg
受容体チロシンキナーゼ(RTK)タンパク質触媒活性アッセイの結果です。
ポリ(Glu:Tyr)4:1基質を有するマウスEphB1タンパク質 (50479-M20B) ポリ(Glu:Tyr)4:1基質を有するヒトEGFR / HER1 / ErbB1タンパク質 (10001-H20B2) ポリ(Glu:Tyr)4:1基質を有するヒトIGF1R / CD221タンパク質(10164-H20B1)
 

受容体チロシンキナーゼ(RTK)抗体

 
• 様々な検証済みの適用 • 複数の種 • 高い親和性と感度
IHC IF FCM
Human EGFR/ErbB1/HER1 IHC antibody Human ErbB2/HER2 IF antibody Human Tie2 / CD202b / TEK FCM antibody
ヒト胎盤におけるヒトEGFR / ErbB1 / HER1
(10001-R043)
SKBR3細胞におけるヒトErbB2 (10004-R002) HUVEC細胞におけるヒトTie2 / CD202b / TEK
(10700-MM07-F)
 

受容体チロシンキナーゼ(RTK)遺伝子

 
• 発見検証 • 複数のタグ • 現物なので、すぐに使える
GFP(GFPSpark®) Expression Validated OFP(OFPSpark®) Expression Validated
Human HER2/ERBB2 transcript variant 1 GeneORF cDNA clone expression plasmid Human HER2/ERBB2 transcript variant 1 GeneORF cDNA clone expression plasmid
ヒトHER2 / ERBB2転写物変異体1 GeneORF cDNAクローン発現プラスミド (HG10004-ACG) ヒトHER2 / ERBB2転写物変異体1 GeneORF cDNAクローン発現プラスミド (HG10004-ACR)
 

受容体チロシンキナーゼ(RTK)ELISA

 
• 高感度
Human EGFR / HER1 / ErbB1 ELISA Kit Human FGFR2 / CD332 ELISA Kit Human EphB6 / Eph Receptor B6 ELISA Kit
ヒトEGFR / HER1 / ErbB1 ELISAキット
(KIT10001)
ヒトFGFR2 / CD332 ELISAキット
(KIT10824)
ヒトEphB6 / Eph受容体B6 ELISAキット
(KIT10197)

受容体チロシンキナーゼの背景

受容体チロシンキナーゼ(RTK)は細胞シグナル伝達における主要なシグナル伝達酵素の1つである。成長因子、神経栄養因子および他の細胞外シグナル伝達分子の受容体として、リガンドと結合したあと、細胞質尾部の特定の残基でチロシンリン酸化を受け、これは、タンパク質基質との結合および/またはRTK媒介シグナル伝達に関与するアダプタータンパク質のドッキング部位の確立を導く。また、細胞の成長、生存および増殖を促進する。これはまた、腫瘍細胞の増殖、分化、移動および細胞自然死と密接に関連している。
受容体チロシンキナーゼ(RTK)は、既知のホルモン518例の中で最も成功した薬物標的の1つであり、また、非常に重要な腫瘍薬剤標的であり、癌治療において重要な役割を果たしている。様々な癌治療のために20種類以上の小分子キナーゼ阻害剤がFDAに承認され、臨床試験の各段階で多数のキナーゼ阻害剤が存在する。

受容体チロシンキナーゼ参考文献