エリートウサギMab(EliteRmab)

 
80%は真核生物組み換えタンパク質を免疫原とする
コストと仕事量は5~10倍増加
多様性、立体構造エピトープ
より高い感度と特異性
小分子にもっと適する
マウスのサンプルに使用できる


平均して、ウサギ抗体はマウス抗体より10-100倍高い親和性を有する
二世代技術 液体および固相スクリーニング さまざまな検証プラットフォーム、最優の抗体を選び出す
抗体親和性試験   ウェスタンブロット感度試験
     
マウスMab KD=4.950nM   ラビット抗体KD=0.017nM   抗ヒトCD84マウスMab:1ng   抗ヒトM-CSFRラビットMab :5pg
IHCのより良い選択 (より良いSN比、より高い感度)   複数の適用に支持する (最優のものを選び、品質を保証)
 
Sino Biological社のラビットMab 外国ブランドラビットMab 外国ブランドマウスMabMouse Mab  

ラビットモノクローナル抗体

多様な適用 研究分野