p53シグナル伝達経路

シグナル伝達経路

 製品の種類

 研究分野

 会社案内

 お問い合わせ

p53シグナル伝達経路の背景知識

p53腫瘍抑制は、主要なアポトーシスシグナル伝達経路の1つである。p53タンパク質は、遺伝毒性または細胞ストレス応答によるアポトーシス、成長抑制または老化に関与する多種多様な遺伝子の発現を調節する核転写因子である。p53タンパク質レベルは、MDM2を含むE3ユビキチンリガーゼによって負に調節される。E3リガーゼは、p53のユビキチン化を促進し、次いでプロテアソーム依存性分解を引き起こす。p53タンパク質レベルは、DNA損傷、核小体ストレス、代謝ストレスおよび発癌性ストレスを含むストレス刺激に応答して安定化されるようになる。p53は細胞質におけるBcl-2ファミリータンパク質との相互作用を介してアポトーシスの発生を促進することができる。