非古典的Wntシグナル伝達経路

非古典的Wntシグナル伝達経路の背景知識

Wnt経路の細胞内シグナル伝達は、少なくとも3つの枝に分かれている:(1)核内の標的遺伝子を活性化するβ-カテニン経路(古典的Wnt経路); (2)JNKキナーゼの関与に関する平面細胞極性シグナル経路;(3)Wnt/Ca2+経路。最後の2つの種類は、非古典的Wnt経路にもまとめられる。平面細胞極性シグナル経路において、frizzledタンパク質はJNKタンパク質を活性化し、ひいては上皮シートの面内における非対称的な細胞骨格構成の組織および細胞の分極を導く。Wnt / Ca2 +経路はGタンパク質を介して細胞内Ca2+の放出を引き起こし、PLCおよびPKCの活性化に関与する可能性がある。Ca2+の上昇によりホスファターゼカルシニューリンが活性化され、ひいては転写因子NF-ATの脱リン酸化および核内へのその蓄積をもたらす。

お問い合わせ

  • Tel: +1-215-583-7898
  • Email: order_us@sinobiological.com
  • Fax: +1-267-657-0217
  • 代理店