MAPK Erkシグナル伝達経路

MAPK Erkシグナル伝達経路の背景知識

Ras-Raf-MEK-ERK経路としても知られているMAPK / ERK経路は、細胞表面の受容体からの信号を細胞核内のDNAに伝達する一連の細胞内タンパク質である。この経路には、分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ(MAPK、もともとはERKと呼ばれている)を含む多くのタンパク質が含まれ、隣接するタンパク質にリン酸基を付加することによって通信する。これは「オン」または「オフ」スイッチとして機能する。MAPK / ERKシグナル伝達経路において、チロシンキナーゼ受容体(RTK)の刺激は、多段階プロセスにおいてMAPKの活性化を誘発する。 活性化Rasは、RAFキナーゼのプロテインキナーゼ活性を活性化する。RAFキナーゼは、MEK(MEK1およびMEK2)をリン酸化し、活性化する。MEKはERKをリン酸化し活性化する。MAPK / ERK経路は細胞外シグナルを細胞応答に導入する重要な役割を果たすことが示されている。MAPキナーゼはプロテインキナーゼカスケード内に存在する。各カスケードは、MAPKキナーゼキナーゼ(MAPKKK)、MAPKキナーゼ(MAPKK)およびMAPキナーゼ(MAPK)という3つ以上の連続して活性化される酵素からなる。

お問い合わせ

  • Tel: +1-215-583-7898
  • Email: order_us@sinobiological.com
  • Fax: +1-267-657-0217
  • 代理店