Jak Statシグナル伝達経路

シグナル伝達経路

 製品の種類

 研究分野

 会社案内

 お問い合わせ

Jak Statシグナル伝達経路の背景知識

JAK-STATシグナル伝達経路は、成長、生存、分化および病原体耐性を調節する細胞外化学信号からの情報を伝達する。JAK-STAT機能の破壊または調節不全は、免疫不全症候群および癌を引き起こし得る。JAK-STATシグナル伝達カスケードは、細胞表面受容体、Janusキナーゼ(JAK)および2つのシグナルトランスデューサーと転写活性化因子(STAT)タンパク質という3つの主要成分からなる。細胞表面受容体(通常はサイトカイン、例えばインターフェロン、インターロイキンおよび成長因子)のためのリガンドは、関連するJAKを活性化し、そのキナーゼ活性を増加させる。哺乳動物細胞において、JAKファミリーは、JAK1、JAK2、JAK3およびTyk2の四つのメンバーからなる。次いで、活性化されたJAKは、受容体上のチロシン残基をリン酸化し、SH2ドメインを有するタンパク質に結合部位を作製する。SH2ドメインを含むSTATは受容体に補充され、JAKによってチロシンリン酸化される。STATは活性化されるまで細胞質に存在する潜在的な転写因子である。これらの活性化されたSTATは、ヘテロ二量体またはホモ二量体を形成する。その後、細胞核に移転し、標的遺伝子の転写を誘導する。受容体およびJaks上のリン酸化部位はStat3などのSH2含有Stats並びに受容体をMAPキナーゼ、PI3K/Akt、および他の細胞経路に連結するSH2含有のタンパク質とアダプターのドッキング部位として機能する。