免疫療法

免疫療法:その他の情報

免疫療法:背景知識

免疫療法は、何年にもわたる科学的研究や臨床試験を経て、長い間癌治療において最も興奮させる発展だと見られてきました。それでは免疫療法とは何ですか? 免疫療法は、癌、アレルギーおよび自己免疫疾患などの感染症または疾患と戦うために身体の免疫系の能力を利用するように設計された治療法です。 ワクチン、モノクローナル抗体、サイトカインは、免疫療法の代表的な治療法です。最近、免疫チェックポイントおよびキメラ抗原受容体(CAR)T細胞が科学者から注目され、数多くの臨床上の成功を取りました。
治療のタイプによって、免疫療法による様々な副作用が起こる可能性があります。副作用には、インフルエンザ様の諸症状、筋肉痛、発熱、食欲不振、衰弱、下痢、吐き気および嘔吐などが含まれます。発疹が発症したり、挫傷や出血を起こしやすい人もいます。これらの副作用は一般的に短期間ですが、非常に深刻な場合もありますので、直ちに診察を受けてください。

免疫療法:参考文献

Immunotherapies definition. Dictionary.com. Retrieved 2009-06-02.
Jeffrey S. Weber et al. Toxicities of Immunotherapy for the Practitioner. American Society of Clinical Oncology. 2015, 33(18): 2092-2099.
Mellman I et al. Cancer immunotherapy comes of age. Nature, 2011, 480(7378): 480-489.