免疫組織化学/ IHC抗体

免疫組織化学抗体検索
検索
• 厳格な品質保証システム
• 高感度
• 複数の組織とサンプルによる検査
• 抗原ブロッキングによる特異性保証
• 複数のアプリケーション:IHC、FC、WB、IP、ELISA
• 優れた再現性
• 1000 +  IHC抗体
• 複数の種をカバー:ヒト、マウス、ラットなど
• パラフィン切片と凍結切片を含む
• ウサギMab、マウスMab、ウサギPabを含む
IHC抗体の全リスト
Sino Biologicalの抗体製品の事実
• すべて自社開発。
• ほとんどの抗体の免疫原は全長タンパク質である。
• 先進的な第二世代ウサギモノクローナル抗体。
• 手頃な価格。
• 大口注文が可能。
 
 
 
 
 

ウサギモノクローナル抗体

高親和性 最高のS/N比性能
  ウサギmab 
SB
ウサギpab 
その他のブランド 
マウスmab
その他のブランド 
 

複数の組織およびサンプルによる厳密な検査

結腸癌 肝臓 皮膚
前立腺サンプル 1 前立腺サンプル 2 前立腺サンプル 3

抗原ブロッキングによる特異性の確保

リンパ節:抗原ブロッキングなし リンパ節:抗原ブロッキング

各製品の優れた再現性を保証するための厳しいロット間検証

バッチ1 バッチ2 バッチ3
• •1000種以上のIHC製品を提供する
• 6種類の異なる生物種を含む
• パラフィンと凍結切片を含む

• 約100種以上の組織
• 異なる生物種

• 各種抗体
• ほぼすべての研究分野をカバーする

種により

細胞内位置により

組織切片の種類により

免疫組織化学/ IHCの背景知識

免疫組織化学(IHC)は抗体を利用し、組織切片(例えば、肝臓、膵臓または心臓)内の細胞内のタンパク質(抗原)を検出する過程である。IHCにより、細胞内および一定な組織範囲内の特定な細胞成分の分布と局在を視覚化にすることが可能である。実験室で組織サンプルの病気検査を行うとき、いくつかのところが容易に判断できない。いくつかの疾患または疾患のサブタイプは、顕微鏡の下で同じように見えるか、または類似したサイズの細胞を有するように見えるかもしれないが、挙動も必要な治療法も異なります。それらを区別する最良の方法は、マーカーとしてのこれらの細胞上の特定の分子を検出することである。
免疫組織化学(IHC)は分子とマッチした抗体を利用し、細胞上のマーカーを見つけ、識別し、そしてそれに付着することが可能な技術である。抗体自体は顕微鏡で見ることができるため、技術者が正確な識別をするのに役立つ。
免疫組織化学(IHC)は医学、特にがん診断において多くの用途があることが発見された。この中で、リンパ腫は正しい診断および治療の決定に使用されるIHCに最も依存する。IHCはまた、バイオマーカーおよび差次的発現するタンパク質が生物学的組織の異なる部分における分布および局在を理解するための基礎研究において広く使用されている。

抗体
免疫組織化学/IHC抗体の特徴
免疫組織化学/IHC製品センター
免疫組織化学/IHC技術センター
ELISA抗体 免疫沈降/IP抗体 免疫組織化学/IHC抗体
フローサイトメトリー(FCM)/ FACS抗体 ウェスタンブロッティング/ WB抗体 免疫蛍光/ IF / ICC抗体
タグ抗体 二次抗体 対照抗体
ローディングコントロール抗体 マウスMab ウサギMab
ウサギPab バイオマーカー抗体 CD分子抗体
幹細胞研究抗体 受容体抗体 インターロイキン抗体
サイトカイン抗体 生物学的標的抗体 診断抗体
がん抗体