免疫チェックポイント・タンパク質

免疫チェックポイントは、癌免疫療法において重要な役割を果たしてきた。それらは抗原の識別を調節するための一連の共刺激および阻害シグナルである。癌細胞は、免疫チェックポイントシグナル伝達を調節不全にすることによって免疫から脱出する。したがって、共刺激シグナルの作動薬または阻害シグナルの拮抗薬は、癌治療のための良好な方法として機能する。近年、免疫チェックポイント療法は顕著な成功を取った。CTLA-4およびPD1-PD-L1阻害剤は、効果的な有効性で癌治療に使うことが既に承認されている。他の免疫チェックポイントに関する複数の追加的な研究も臨床試験の段階に入っており、癌を征服する新たな希望を予測している。

免疫チェックポイントタンパク質の強み

• 検証された生物活性および高純度(SDS-PAGE) • Hisタグ、Fcタグおよびタグフリータンパク質
• 複数の種:ヒト、マウス、イヌ、ラット、アカゲザル、カニクイザル • 内毒素が低い(<1EU/μg, LAL法)
• 独立した研究開発および生産&アニマルフリー  
図1 SDS-PAGEで測定られたPD-L1タンパク質(10084-H02H)の純度は> 95%であった。 図2 CD70タンパク質に結合する CD27タンパク質(10039-H03H)の活性アッセイ(ED50 = 59.8ng/mL)。

免疫チェックポイント製品一覧

Sino Biological Inc.は、以下に示すようにほぼ50の免疫チェックポイントタンパク質を研究し開発しています。組換え免疫チェックポイントタンパク質は、複数の種および種々のタグをカバーしています。生物活性も分析され、検証されました。また、カスタムサービスも提供していますので、希望のものを見つけることができない場合は、cro-service@sinobiological.comまでご連絡してください。

免疫チェックポイントに関する情報