サイトカイン&増殖因子

サイトカインおよび増殖因子(インターロイキン、ケモカイン、インターフェロン、腫瘍壊死因子、コロニー刺激因子など) は組織特異的調節因子のネットワークであり、細胞の産生、位置、分化および運動を制御し、周囲の細胞の受容体を介して機能する。このため、サイトカインおよび対応する受容体は特に癌、自己免疫疾患およびアレルギー性疾患などの疾患の主要な薬物標的となる。ここではサイトカインおよび増殖因子に含まれる主な薬物標的を収載した。また、ご研究を促進するには、これらの標的のエリート試薬にアクセスすることもできる。

サイトカインおよび増殖因子の特長

サイトカインおよび増殖因子関連経路

TGF-βシグナル伝達経路

  • • TGF-βシグナル伝達は、神経膠腫細胞を含む多くの細胞の増殖、分化および生存/アポトーシスの調節に関与する。
  • • サイトカインのTGF-βスーパーファミリーは、細胞表面の受容体に結合し、四量体複合体を形成する2つのI型受容体および2つのII型受容体を動員する。

VEGFシグナル伝達経路

血管内皮増殖因子(VEGF)は、新しい血管の成長を刺激する増殖因子のサブファミリーを構成する。 血管内皮増殖因子は、脈管形成(胚循環系の新形成)および血管新生(既存の脈管構造からの血管の成長)の両方に関与する重要なシグナル伝達タンパク質である。

TNFシグナル伝達経路

サイトカインの腫瘍壊死因子(TNF)スーパーファミリーは、細胞生存、死亡および分化のためのシグナル伝達経路を活性化する。 腫瘍壊死因子スーパーファミリーのメンバーは、リガンド媒介三量体化を介して作用し、いくつかの細胞内アダプターの動員を引き起こし、複数のシグナル伝達経路を活性化する。

EGFRシグナル伝達経路

EGF(表皮増殖因子)は、Amphiregulin (AREG)、Betacellulin (BTC)、Epiregulin (EPR)、HB-EGF、Neuregulinsなどを含むタンパク質のEGFファミリーの創始メンバーである。 表皮増殖因子ファミリーのメンバーは非常に類似の構造および機能的特徴を有する。

古典的wntシグナル伝達経路

Wnt経路は、遺伝子発現、細胞行動、細胞接着および細胞極性の制御に関与する。 古典的(β-Catenin-Dependent)Wntシグナル伝達経路は、研究された最も成功的なWnt経路であり、進化の過程で非常に保守的である。

死亡受容体シグナル伝達経路

死亡受容体は、特定のリガンドによって開始されるアポトーシスのシグナルを伝達し、誘導性アポトーシスにおいて中心的役割を果たす細胞表面受容体である。死亡受容体は、腫瘍壊死因子受容体(TNFR)遺伝子スーパーファミリーに属する。

Notchシグナル伝達経路

Notchシグナル伝達経路は、ほとんどの多細胞生物に存在する高度に保存された細胞シグナル伝達系である。Notchシグナル伝達は、胚および成人成長時の増殖、幹細胞維持および分化などの多くの基本的な細胞プロセスの調節において中心的な役割を果たす。

サイトカインおよび増殖因子の参考文献

• Burgess A W. Growth factors and cytokines[J]. Reviews in Cell Biology and Molecular Medicine, 2015.
• Akdis M, et al. Interleukins, from 1 to 37, and interferon-γ: receptors, functions, and roles in diseases[J]. Journal of allergy and clinical immunology, 2011, 127(3): 701-721. e70.
• Comerford I, McColl S R. Mini-review series: focus on chemokines[J]. Immunology and cell biology, 2011, 89(2): 183.