サイトカイン&増殖因子

サイトカインおよび増殖因子(インターロイキン、ケモカイン、インターフェロン、腫瘍壊死因子、コロニー刺激因子など) は組織特異的調節因子のネットワークであり、細胞の産生、位置、分化および運動を制御し、周囲の細胞の受容体を介して機能する。このため、サイトカインおよび対応する受容体は特に癌、自己免疫疾患およびアレルギー性疾患などの疾患の主要な薬物標的となる。ここではサイトカインおよび増殖因子に含まれる主な薬物標的を収載した。また、ご研究を促進するには、これらの標的のエリート試薬にアクセスすることもできる。

クイックガイド:

サイトカインおよび増殖因子の特長

 
サイトカイン(増殖因子) 薬剤標的関連の試薬および情報

もっと見る
   
サイトカインは増殖、分化または幹細胞の他の特性を調節する。
もっと見る
 
 
38 ILを含むインターロイキンファミリー および対応する受容体
もっと見る
   
ケモカインファミリーおよび関連する試薬の詳細情報

もっと見る
 
 
TNF スーパーファミリー関連の試薬と情報.

もっと見る
   
インターフェロンファミリーに関連する試薬および情報

もっと見る

サイトカインと増殖因子ファミリー

サイトカインおよび増殖因子関連経路

TGF-βシグナル伝達経路

  • • TGF-βシグナル伝達は、神経膠腫細胞を含む多くの細胞の増殖、分化および生存/アポトーシスの調節に関与する。
  •  
  • • サイトカインのTGF-βスーパーファミリーは、細胞表面の受容体に結合し、四量体複合体を形成する2つのI型受容体および2つのII型受容体を動員する。
TGF-beta   VEGF   TNF   EGFR   Canonical wnt   Death receptor   Notch

サイトカインおよび増殖因子の参考文献

• Burgess A W. Growth factors and cytokines[J]. Reviews in Cell Biology and Molecular Medicine, 2015.
• Akdis M, et al. Interleukins, from 1 to 37, and interferon-γ: receptors, functions, and roles in diseases[J]. Journal of allergy and clinical immunology, 2011, 127(3): 701-721. e70.
• Comerford I, McColl S R. Mini-review series: focus on chemokines[J]. Immunology and cell biology, 2011, 89(2): 183.