補体系

補体系(タンパク質、抗体、遺伝子、ELISAキット)

C1QA C1QB C1QBP C1QC C1R C1RA C1S C3AR1 C5AR2 ITGB2 ITGAX MASP1 MASP2 MBL1 MBL2 CD46 CD55 CD59 CD93 CFB CFHR1
補体系関連の分子のリストすべてを見る

補体系(タンパク質、抗体、遺伝子、ELISAキット)

C2 C5 C6 CFD CFH CLU SERPING1 VTN CR2 VSIG4 CALR

補体活性化経路

補体活性化の定義 補体活性化第二経路 補体活性化レクチン経路 セリンプロテアーゼの補体活性化経路 補体活性化古典的経路

補体系成分/タンパク質、調節因子、受容体

補体系の補体受容体補体系の補体成分/タンパク質補体系の補体調節因子:その他補体系の補体調節因子:RCA / CCPファミリー

補体系のエフェクタ機能

補体仲介性オプソニン作用 補体仲介性細胞溶解補体仲介性食作用補体仲介性炎症補体仲介性走化性補体仲介性抗体形成

補体系の役割

補体依存性細胞毒性/ CDC病原体の補体回避補体系と直接相互作用補体カスケードおよび阻害剤免疫系における補体系機能補体系と凝固系補体系およびToll様受容体/ TLR補体系の治療標的補体系と抗菌ペプチド/ AMP

補体系と病患

補体系と癌補体系と統合失調症補体受容体1 / CR1とアルツハイマー病/ AD補体系とリウマチ性疾患補体系と加齢黄斑変性症/ AMD補体系と自己免疫疾患

補体系欠損疾患

古典的経路欠損第2経路欠損補体受容体欠損血清補体価/ CH50 / CH100マンノース結合レクチン/ MBL経路欠損膜侵襲複合体/ MAC欠損症

補体系構造

補体調節因子の構造補体成分/タンパク質構造補体受容体構造コレクチンおよびフィコリン:先天性免疫系の液性レクチン補体膜侵襲複合体/ MAC

補体の遺伝的特徴

補体MHCクラスIII遺伝子クラスター補体MAC遺伝子クラスター補体活性化調節剤/ RCA遺伝子クラスター

補体系の概要

補体系とは補体系はどのように働くか補体系タンパク質断片命名法

補体系の背景知識

血漿中の補体系は、自然免疫防御の主要なメディエーターである。補体の機能は、細菌、酵母および他の微生物、宿主細胞破片および異常の宿主細胞を含む粒子状物質を認識し、そしてオプソニン化または溶解することである。

補体系が感染を防御する3つの方法がある。第一に、病原体に共有結合する多数の活性化補体タンパクを生成し、豊かな補体受容体を有する食細胞に取り込まれるようにそれらをオプソニン化する。第二に、いくつかの補体タンパクの小断片は化学誘引物質として、より多くの食細胞を補体活性化の部位に補充し、これらの食細胞を活性化する。第三に、末端補体成分は、細菌膜に細孔を作り出すことによってある種の細菌を破壊する。

補体系の参考文献

1. Sim R B, et al. (2000). Serine proteases of the complement system. Biochemical Society Transactions, 28(5), 545-550.
2. Janeway Jr C A, et al. (2001). The immune system in health and disease.