補体系

補体系(タンパク質、抗体、遺伝子、ELISAキット)

補体系の背景知識

血漿中の補体系は、自然免疫防御の主要なメディエーターである。補体の機能は、細菌、酵母および他の微生物、宿主細胞破片および異常の宿主細胞を含む粒子状物質を認識し、そしてオプソニン化または溶解することである。

補体系が感染を防御する3つの方法がある。第一に、病原体に共有結合する多数の活性化補体タンパクを生成し、豊かな補体受容体を有する食細胞に取り込まれるようにそれらをオプソニン化する。第二に、いくつかの補体タンパクの小断片は化学誘引物質として、より多くの食細胞を補体活性化の部位に補充し、これらの食細胞を活性化する。第三に、末端補体成分は、細菌膜に細孔を作り出すことによってある種の細菌を破壊する。

補体系の参考文献

1. Sim R B, et al. (2000). Serine proteases of the complement system. Biochemical Society Transactions, 28(5), 545-550.
2. Janeway Jr C A, et al. (2001). The immune system in health and disease.