一般的なサイトカイン受容体G鎖シグナル伝達経路

サイトカイン共通受容体G鎖シグナル伝達経路の背景知識

サイトカインの共通ガンマ鎖シグナル伝達は、活性化されたT細胞の生存にとって重要である。これがないと、関連する免疫不全合併症が発生し、移植された組織は拒否されない。共通ガンマ鎖ファミリーサイトカインは、多種類の免疫細胞の発生、生存、増殖、分化および機能の重要な調節因子として働く。γ鎖サイトカインファミリーは、インターロイキン(IL)-2、IL-4、IL-7、IL-9、IL-15およびIL-21からなる。それらは、共通ガンマ鎖サブユニットを含む受容体複合体を介してシグナル伝達する。このサブユニットは、IL-4、IL-7、IL-9およびIL-21に対して、異なるサイトカイン特異的受容体サブユニットと結合して、独特のヘテロ二量体受容体を形成する。IL-2またはIL-15に対して、ガンマ鎖はIL-2 / IL-15R betaと結合してから、IL-2 R alphaまたはIL-15R alphaと結合し、ヘテロ三量体受容体を形成する。共通ガンマ鎖ファミリーのサイトカインは、一般に、PI3-K-Akt経路、RAS-MAPK経路およびJAK-STAT経路という3つの主要なシグナル伝達経路を活性化することによって細胞生存および増殖を促進する。

お問い合わせ

  • Tel: +1-215-583-7898
  • Email: order_us@sinobiological.com
  • Fax: +1-267-657-0217
  • 代理店