キメラモノクローナル抗体生産サービス

キメラ抗体作製サービスの紹介

抗体のキメラ化は、ある種の抗体定常領域を別の種の定常領域に入れ替えることを指します。最初、この技術はマウス抗体をヒトーマウスキメラ抗体に入れ替えることによって臨床の使用における抗体がヒトの中での免疫原性を低下させることに使用された。

実際にはこの技術は広い面に使用できます。例えば、マウス抗体の定常領域をヒト定常領域に入れ替えることができます。同じように、いずれかの種の抗体の定常領域をほかの種の定常領域に、さらに、同じ種の抗体を一つのサブタイプからもう一つのサブタイプに入れ替えることができます。理論上では、上記のことはすべて実現できるが、実践においてそう簡単ではないようです。Sino Biological は複数の種(ヒト、マウス、ウサギ、ラット、イヌなど)のキメラ抗体作製に経験豊かであり、顧客の様々なキメラ抗体作製サービスの要件を満たすことができます。

chimeric antibody structure

その他のバイオ医薬品サービス見積もり!

キメラ抗体作製サービスの項目

サービスの手順 具体的な内容 周期 納品物 価格

遺伝子合成およびコドン最適化(オプション)
  1-2週間 • 精製抗体
• SDS-PAGEデータ
• CoA
フォームに記入してから、
cro-service@sinobiological.comまでお送りください。

ベクター構築
• HCおよびLC遺伝子を最適化発現ベクターにそれぞれクローンする
• プラスミドシーケンシング
• 大規模なプラスミド生産
1-2週間

発現&精製
• HEK293/CHO細胞の一過性トランスフェクション
• 抗体精製
• 研磨(必要に応じて)
1-2週間

QC解析
• SDS-PAGEおよびUVによる解析
• HPLC-SECによる純度分析およびエンドトキシン検出(オプション)
3日
キメラ抗体作製サービスに関して、以下の事項にご注意ください。

• 顧客は、抗体配列またはプラスミドを提供する必要があります。
• 標準サービスには、A280による抗体濃度の検出およびSDS-PAGEによる純度の評価が含まれます。SEC-HPLCやエンドトキシンテストなどの他の検出サービスがご必要な場合、お問い合わせフォームに明記してください。

キメラ抗体作製サービスのメリット

  • HEK293またはCHO細胞:より良好なグリコシル化および翻訳後修飾。
  • 複数の種:
    可変領域種: ヒト、マウス、ラット、イヌ、アカゲザル、ニワトリ、ウサギ、ラクダなど。
    定常領域種: ヒト、マウス、ラット、イヌ、アカゲザル、ウサギなど。
  • 複数のサブタイプ:IgG、IgA、IgM、IgE

お問い合わせ

Tel
+86-010-50911666
Fax
+86-010-50953280
E-Mail
cro-service@sinobiological.com