キメラ抗体生産サービス

お問い合わせ

CROサービス
組換えタンパク質生産サービス
大腸菌発現サービス
哺乳類の一過性タンパク質発現サービス
酵母発現サービス
バキュロウイルス-昆虫細胞タンパク質発現サービス
HEK293/CHO安定細胞株開発サービス
抗体開発および生産サービス
ハイスループット抗体生産サービス+
ミニスケール抗体生産サービス(0.1mg-1mg)
中小規模抗体生産サービス(1mg-100mg)
大規模抗体生産サービス
ウサギモノクローナル抗体開発サービス
マウスモノクローナル抗体開発サービス
ウサギポリクローナル抗体開発サービス
ハイブリドーマ細胞培養および抗体生産サービス
ハイブリドーマ抗体遺伝子シーケンシングサービス
抗原生産サービス
ELISAキット開発サービス
バイオ医薬品開発サービス
治療用抗体開発サービス+
抗原生産
ペプチド設計&合成
マウスモノクローナル抗体開発
ウサギモノクローナル抗体開発
ハイブリドーマ細胞培養および抗体生産
モノクローナル抗体シーケーシング
ハイスループット抗体生産
抗体工学サービス+
キメラ抗体生産サービス
抗体断片生産サービス
二重特異性抗体生産サービス
抗イディオタイプ抗体開発サービス
バイオ医薬品分析サービス
バイオプロセスサービス

キメラ抗体生産サービスの特長

抗体のキメラ化は、ある種の抗体定常領域を別の種の定常領域に入れ替えることを指します。最初、この技術はマウス抗体をヒトーマウスキメラ抗体に入れ替えることによって臨床の使用における抗体がヒトの中での免疫原性を低下させることに使用された。実際にはこの技術は広い面に使用できます。例えば、マウス抗体の定常領域をヒト定常領域に入れ替えることができます。同じように、いずれかの種の抗体の定常領域をほかの種の定常領域に、さらに、同じ種の抗体を一つのサブタイプからもう一つのサブタイプに入れ替えることができます。理論上では、上記のことはすべて実現できるが、実践においてそう簡単ではないようです。Sino Biological は複数の種(ヒト、マウス、ウサギ、ラット、イヌなど)のキメラ抗体生産に経験豊かであり、顧客の様々なキメラ抗体生産サービスの要件を満たすことができます。

chimeric antibody structure

キメラ抗体生産サービスのメリット

HEK293またはCHO細胞: より良好なグリコシル化および翻訳後修飾。
複数の種: 可変領域種: ヒト、マウス、ラット、イヌ、アカゲザル、ニワトリ、ウサギ、ラクダなど。
定常領域種: ヒト、マウス、ラット、イヌ、アカゲザル、ウサギなど。
複数のサブタイプ: IgG、IgA、IgM、IgE

キメラ抗体生産サービスの項目

説明 時間 納品物
遺伝子合成およびコドン最適化(オプション) 1-2週間 • 精製抗体
• SDS-PAGEデータ
• CoA
ベクター構築 1-2週間
• HCおよびLC遺伝子を最適化発現ベクターにそれぞれクローンする
• プラスミドシーケンシング
• 大規模なプラスミド生産
発現&精製 1-2週間
• HEK293/CHO細胞の一時的トランスフェクション
• 抗体精製
• 研磨(必要に応じて)
QC解析 3日
• SDS-PAGEおよびUVによる解析
• HPLC-SECによる純度分析およびエンドトキシン検出(オプション)

キメラ抗体生産サービスに関して、以下の事項にご注意ください。

• 顧客は、抗体配列またはプラスミドを提供する必要があります。
• 標準サービスには、A280による抗体濃度の検出およびSDS-PAGEによる純度の評価が含まれます。SEC-HPLCやエンドトキシンテストなどの他の検出サービスがご必要な場合、お問い合わせフォームに明記してください。