細胞シグナル伝達

細胞シグナル伝達の紹介

多くの生物学的プロセスは、様々な細胞が一緒に働き、それらの活動を協調することを必要とする。これを可能にするために、細胞は互い交流しなければならず、これは細胞シグナル伝達と呼ばれるプロセスによって達成される。細胞シグナル伝達によって、細胞は特定の環境刺激に対して適切な様式で応答することができる。
細胞シグナル伝達は、細胞外メッセンジャー分子によって運ばれる情報を細胞内で起こる変化に翻訳する過程を指す。細胞シグナル伝達は、多様な外部シグナルを検出、増幅、および統合して、酵素活性、遺伝子発現またはイオンチャネル活性の変化などの応答を生成する一連の分子事象を含む。細胞シグナル伝達は、多くの重要な物理的プロセスの基本的なメカニズムである。この章では、主に、細胞シグナル伝達に関連する分子およびプロセスの内容を紹介する。Sino biological 社はシグナル伝達の研究に関連する組み換えタンパク質、抗体、cDNAクローンおよびELISA試薬キットなどの生物試薬をご用意しております。

細胞シグナル伝達に関与する分子

上記のように、多数の分子回路を有する複数の重要プロセスは細胞シグナル伝達に関与している。
1)このプロセスは、細胞外メッセンジャー分子とそれらの受容体との間の反応から始まる。例えば、成長因子 (例えば、EGFFGFPDGFVEGFTGF-βWntなど) and growth factor receptors (RTKなど)、 細胞外マトリックス および 細胞接着シグナル伝達 におけるインテグリン のような細胞接着分子、神経伝達物質および神経伝達物質受容体。神経科学では、イオンチャネル および トランスポーターはシグナル伝達において重要な役割を果たす。
2) その後、シグナルはセカンドメッセンジャー または プロテインキナーゼタンパク質リン酸化)によって細胞内で伝達される。
3)細胞内のシグナル伝達の後、転写因子に起こる変化などの細胞応答が調節される。

シグナル伝達分子の詳細はこちら

これらの分子事象は、細胞成長、増殖、アポトーシス自食作用、老化、代謝などの多くの重要なプロセスを制御する基本的なメカニズムである。もっと知るにはクリックしてください:

細胞シグナル伝達関連の参考文献

• Berg JM, et al. Biochemistry. 5th edition. New York: W H Freeman; 2002. Chapter 15, Signal-Transduction Pathways: An Introduction to Information Metabolism.
• Cooper GM. The Cell: A Molecular Approach. 2nd edition. Sunderland (MA): Sinauer Associates; 2000. Signaling Molecules and Their Receptors.