バキュロウイルス昆虫細胞発現サービス

バキュロウイルス - 昆虫細胞タンパク質発現サービスの紹介

バキュロウイルス - 昆虫細胞系は、真核生物の発現系に属し、タンパク質の折り畳みおよびタンパク質翻訳後の修飾が可能である。キナーゼや毒性タンパク質のような哺乳類の宿主細胞におそらく有害なタンパク質の発現に適する。Sino Biologicalは、バキュロウイルス - 昆虫細胞タンパク質発現、特に大きいタンパク質、毒性タンパク質、キナーゼ、細胞内タンパク質および膜タンパク質の発現について豊富な経験を有する。

その他のタンパク質作製サービスお見積もり

バキュロウイルス - 昆虫細胞タンパク質発現サービスの項目

サービスの手順 具体的な内容 周期 納品物 価格

遺伝子合成とコドン最適化(オプション)
  1-2 週間 • シークエンシング報告書 フォームに記入してから、
cro-service@sinobiological.com
までお送りください。

ベクターの構築
• cDNAを発現ベクターにクローンする
• プラスミドシークエンシング
• 大規模なプラスミド作製
1-2 週間

ウイルスパッケージングと増幅
• ウイルスパッケージング
• ウイルス増幅
2-3 週間

発現と精製
•ウイルスで細胞を感染する
•小規模の発現、タンパク質精製と条件の最適化
• SDS-PAGEとUV分析
2-3 週間 • 実現可能性報告書
• 0.1-0.5 mgサンプルを提供する (発現は実現可能で、そしてQC試験後、サンプルはまだある場合)

大規模な発現と精製(オプション)
  2-3 週間 • 精製タンパク質
• SDS-PAGE報告書
• CoA

バキュロウイルス - 昆虫細胞タンパク質発現サービスのフロー

タンパク質発現要件を相談する   契約書を締結し、前払いする   タンパク質発現の実現可能性試験   実現可能性試験の結果をフィードバックし、サンプル発送 (可能であれば)   量産見積り   顧客の要求に基づく量産

バキュロウイルス - 昆虫細胞タンパク質発現サービスのケース研究

タンパク質A

  • 1. SDS-PAGE >97%
  • 2. SEC-HPLC >93%
  • 3. Cell-based activity assay:EC50=7ng/mL

バキュロウイルス - 昆虫細胞タンパク質発現サービスのメリット

  • タンパク質発現の10年以上の経験
  • 遺伝子配列決定から精製タンパク質までのワンストップサービス
  • 細胞内および細胞外タンパク質の高効率発現
  • 複数の昆虫細胞:Sf9、Sf21、Hi-5 
  • ハイスループットで大規模なタンパク質生産
  • 最適化された発現ベクターおよび高力価ウイルスパッケージング

お問い合わせ

Tel
+86-010-50911666
Fax
+86-010-50953280
E-Mail
cro-service@sinobiological.com