オートファジーシグナル伝達経路

シグナル伝達経路

 製品の種類

 研究分野

 会社案内

 お問い合わせ

オートファジーシグナル伝達経路の背景知識

オートファジー(Autophagy)は、細胞質内の内容物、異常なタンパク質凝集体、過剰または損傷したオルガネラの自己貪食-リソソーム分解をもたらす動的な細胞循環システムである。オートファジーを誘導する重要なレギュレーターはmTORキナーゼである。mTOR(AktおよびMAPKシグナル伝達)を活性化することによってオートファジーを抑制し、又はmTOR(AMPKおよびp53シグナル伝達)を抑制することによってオートファジーを誘発する。酵母Atg1と同様の役割を果たすULKは、mTOR複合体の下流で作用する。ULKは、Atg13および足場タンパク質FIP200と大きな複合体を形成する。hVps34、Beclin-1(酵母Atg6の哺乳動物相同体)、p150(酵母Vps15の哺乳動物相同体)およびAtg14様タンパク質(Atg14LまたはBarkor)を含むクラスIII PI3K複合体または紫外線照射耐性関連遺伝子(UVRAG)はオートファジーの誘導に必要である。Rubicon(ルビコン)は、PI3KクラスIII脂質キナーゼの活性を阻害し、PI3KクラスIII活性のエンハンサーであるAtg14Lの活性も阻害する。Atg遺伝子は、Atg12-Atg5およびLC3-II(Atg8-II)複合体を介して自食胞の形成を制御する。オートファジーおよびアポトーシスは、正の相関と負の相関関係であり、2つのプロセス間に広範なクロストークが存在する。TNF、TRAILおよびFADDなどのいくつかのアポトーシス促進シグナルもオートファジーを誘導する。さらに、Bcl-2は、Beclin-1依存性オートファジーを阻害し、それにより、生存促進因子および抗自己食作用調節因子の両方として機能する。