抗体

抗体 検索
検索

Sino Biologicalの抗体製品

• すべて自社開発。
• 手頃な価格。
• 大口注文が可能
• 先進的な第二世代ウサギモノクローナル抗体。
• ほとんどの抗体の免疫原は全長タンパク質である。

おすすめの抗体製品

多彩な適用で検証済の抗体

複数の研究分野の抗体

抗体プロトコル&抗体FAQ

Sino Biological Inc抗体のメリット

免疫組織化学抗体のメリット

  • ほかのブランドのIHC抗体より優れた品質を持ちます。

    Sino Biological CD71ウサギMAb(11020-R016)、胎盤組織の免疫組織化学。 CD71ウサギポリクローナル抗体(ブランドA)、胎盤組織の免疫組織化学 CD71マウスMAb(ブランドB)、胎盤組織の免疫組織化学
  • 検証済の正確な染色
    CD147 (10186-R125)-ヒト食道
     
    Insulin (11038-T08) -ヒト膵臓
     
    S100A12 (11143-RP02)-ヒト脾臓
     
  • 厳格な基準、最良のものを選びます。
    CHGA (100256-R204) -ヒト副腎
  • ロット間の品質が安定しています。
    ロット1 ロット2 ロット3

免疫蛍光抗体のメリット

  • 高特異性---抗原ブロッキングアッセイ、複数の細胞タイプおよび他のアプリケーション(WB、IP、IHCまたはFC)で検証済み。
    LAMP1(11215-R107)
  • 高感度--偽陰性の結果を避けることが可能な低濃度の抗体溶液。
    HSPD1(101240-T38) PTBP1(101043-T46) P4HB(50638-R023) JAM-A(10198-MM04)
  • 高い再現性 --より良い実験再現性を保証。
    他のブランドの抗体(緑色)を使用し、DAPI(青色)と対比染色したHela細胞におけるGP73の免疫蛍光染色。抗体は、1年後にその効力を失う。注意:異なる時点で抗GP73抗体の同じバッチ(ロット番号)を試験していた。 SBIの抗体(赤色)を使用し、DAPI(青色)と対比染色したHela細胞におけるGP73の免疫蛍光染色。2年後、優れた効力を有する。注意:異なる時点で抗GP73抗体の同じバッチ(ロット番号)を試験していた。

ウエスタンブロット抗体のメリット

免疫沈降抗体のメリット

  • 高い特異性、高感度 --1 ~ 4μgだけで天然タンパク質を検出できる。高い特異性を保証。
    様々なIP抗体--900+ 、重要な標的とタンパク質タグが含まれる。
    ホスト&クローン:ウサギPab & Mab、マウスMab
    標的の種:ヒト、マウス、ラット、イヌ、ウイルスなど
    研究分野:細胞受容体、インターロイキン、サイトカイン、診断、ガン、幹細胞、バイオマーカーなど

ELISA抗体のメリット

ユニークなモデル種に適用
300以上のELISA抗体が使用可能。

高品質組み換えタンパク質で検証済み
最先端で自主的な組み換えタンパク質メーカー。ほとんどすべてのタンパク質は90% 以上の純度および良好な生物活性を有する。

様々なアプリケーション

  • • 一次抗体
  • • 二次抗体
  • • 捕獲抗体
  • • 酵素標識抗体
  • • 直接法
  • • 間接法
  • • 競合法
  • • サンドイッチ法

フローサイトメトリー抗体のメリット

  • 組換えタンパク質遮断抗CD19 (緑、 11880-MM17))で染色された溶解全血。
    抗CD19との結合は、過剰の組換えヒトCD19(青色)または無関係のタンパク質(オレンジ)との抗原のプレインキュベーションによってブロックされた。
    示されたデータはリンパ球ゲート内細胞染色の結果である。
     
    非標識抗体遮断抗CD21-FITC(緑、10811-MM02-F)で染色された溶解全血。
    抗CD21の結合は、抗CD21-FITCで染色する前に過剰の非標識抗CD21(青色、10811-MM02)との細胞のプレインキュベーションによってブロックされた。
    示されたデータはリンパ球ゲート内細胞染色の結果である。
     
    抗CD3-FITCおよび抗CD4 -APCがヒト溶解全血細胞上の染色結果。
    左パネル:抗CD3-FITC(10977-R301-F)、抗CD4-APC(10400-MM08-A
    右パネル:抗CD3-FITC(クローンSK1)、抗CD4-APC(クローンSK7)
    示されたデータはリンパ球ゲート内細胞染色の結果である。

高品質中和抗体

  • • 高い親和性
  • • 低い内毒素
  • • インビボ/インビトロ
  • • アジ化ナトリウム無し
  • • BSA無し
  • • FCM-陽性
  • • ブロッキングリガンド/受容体
ヒトCD28抗体とCD3抗体はCD4+ T細胞を刺激し、 IL-2の分泌を促進する。
単離されたCD4+ T細胞(1e5 /ウェル)は、CD28抗体の段階希釈液を含む培地における2 μg/mLのヒト CD3 (ヒト化OKT3) 抗体(GMP-10977-H001) (100 μL/well) でプレコートされた96-well 細胞板で培養された。
標的 純度(by HPLC) 内毒素(EU/mg) 品番
ヒト PD1 / PDCD1 / CD279 >95% <0.5 10377-H944
ヒト CD3 (ヒト型化 OKT3) >95% <0.5 10977-H001
ヒト CD28 >95% <0.5 11524-H001
ヒト EGFR / HER1 / ErbB1 >95% <3 10001-RE10
ヒト HER3 / ErbB3 >95% <3 10201-mhA24
ヒト IL-6R / CD126 >95% <3 10398-MM08
ヒト TNF-alpha / TNFSF2 >95% <3 10602-R10N1
エンテロウイルス 71 VP1 >95% <3 40013-H136
エンテロウイルス 71 VP4 >95% <3 40013-M001
RSV-F >95% <3 11049-R338
インフルエンザ A H10N8 HA >95% <3 40359-mh001
ヒト DKK-1 >95% <3 10170-R015
ヒト NGF / NGFB >95% <3 11050-R711

抗体関連の試薬