AKTシグナル伝達経路

シグナル伝達経路

 製品の種類

 研究分野

 会社案内

 お問い合わせ

AKTシグナル伝達経路の背景知識

Akt経路またはPI3K-Akt経路は、タンパク質合成、増殖および生存を含む基本的な細胞プロセスに関与する。この経路は、受容体チロシンキナーゼ、Gタンパク質共役受容体、サイトカイン受容体などの同族受容体に結合するホルモン、成長因子および細胞外基質(ECM)の成分を含む様々なシグナルによって活性化される。これらの結合は、原形質膜でPIP3を生成する脂質キナーゼPI3Kの活性化を引き起こす。Aktはそのプレクストリン相同(PH)ドメインを介してPIP3に結合し、膜へ移行する。PDK1もそのPHドメインを介して膜にも運ばれ、その活性化ループ内のThr308でAktをリン酸化する。カルボキシ末端内のSer473における二回目のリン酸化は活性に必要であり、mTOR- rictor複合体(mTORC2)によって行われる。AKTシグナル伝達経路は、主にアポトーシスの阻害剤として、多くの細胞生存経路において重要な調節的役割を果たす。AKTはまた、血管新生および代謝において調節的役割を果たす。AKTシグナル伝達は、様々な癌に関与しており、抗癌治療の関心領域である。