アクチン動態シグナル伝達経路

シグナル伝達経路

 製品の種類

 研究分野

 会社案内

 お問い合わせ

アクチン動態シグナル伝達経路の背景知識

細胞外シグナルは、Gタンパク質共役受容体(GPCR)、インテグリンおよび受容体チロシンキナーゼ(RTK)を介してアクチン動態を調節する。GPCRは大きな受容体タンパク質ファミリーを構成する。それは細胞外の分子を感知し、内部のシグナル伝達経路、そして最終的には細胞応答を活性化する。インテグリンは膜貫通型受容体であり、細胞 - 細胞、細胞 - 細胞外マトリックス(ECM)相互作用のための架橋である。インテグリンは誘発される次第、細胞内部における化学的経路(シグナル伝達)を誘発する。例えばECMの化学組成および機械的状態の変化は転写を活性化させ、細胞周期、細胞の形状および/または細胞運動を調節する。または新しい受容体が細胞膜に添加される。受容体チロシンキナーゼ(RTK)は、より大きなタンパク質チロシンキナーゼファミリーの一部である。受容体型チロシンキナーゼは、EGFR、PDGFR、MCSFR、IGF1R、INSR、NGFR、FGFR、VEGFRおよびHGFRを含む。細胞内シグナルはRhoを介して外部刺激に対する細胞応答を調節する。Rhoは、小さなGTP結合タンパク質のRasスーパーファミリーのメンバーであり、アクチン細胞骨格の組織、微小管のダイナミクス、遺伝子転写、発癌形質転換、細胞周期進行、接着および上皮創傷修復を含む多様な生物学的プロセスにおいて中心的役割を果たす。GEF(グアニンヌクレオチド交換因子)は活性化因子である。 ROCKおよびPAKは、下流のプロテインキナーゼエフェクターである。細胞骨格シグナル伝達の異常制御により、細胞外刺激と細胞応答の切断を引き起こす。これは免疫病患、発達異常および癌においてしばしば見られる。