VEGFシグナル伝達経路

シグナル伝達経路

 製品の種類

 研究分野

 会社案内

 お問い合わせ

VEGFシグナル伝達経路の背景知識

血管内皮増殖因子(VEGF)は増殖因子のサブファミリーを構成し、新しい血管の成長を刺激する。血管内皮増殖因子は、脈管形成および血管新生の両方に関与する重要なシグナル伝達タンパク質である。VEGFR-2へのVEGFの結合は、重大な異なるシグナル伝達経路を誘導し、内皮細胞の増殖および移動を媒介し、その生存および血管透過性を促進する遺伝子のアップレギュレーションをもたらす。例えば、VEGFのVEGFR-2への結合は、受容体の二量体化を引き起こし、続いて細胞内PLCγの活性化を導く。PKC-Rafキナーゼ-MEK-マイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)経路の活性化を引き起こし、続いてその後のDNA合成および細胞増殖を開始させる。同様に、ホスファチジルイノシトール3'-キナーゼ(PI3K)-Akt経路の活性化は内皮細胞の生存を増加させる。PI3K、FAKおよびp38MAPKの活性化は、細胞移動シグナリングに密接に関連する。