TGF-betaシグナル伝達経路

TGF-betaシグナル伝達経路の背景知識

TGF-βシグナル伝達は、神経膠腫細胞を含む多くの細胞の増殖、分化および生存/アポトーシスの調節に関与する。TGF-βは、特定の受容体を介して作用し、複数の細胞内経路を活性化する。それは受容体に制御されるSmad2 / 3タンパク質のリン酸化をもたらす。Smad2 / 3タンパク質が共通メディエータであるSmad4と結合した複合体は核に移行し、DNAに結合し、多くの遺伝子の転写を調節する。 さらに、TGF-βシグナル伝達のメンバーであるTGFβ活性化キナーゼ-1 (TAK1)は、マイトジェン活性化プロテインキナーゼカスケードを活性化する。TGF-β/ Smadシグナル伝達の負の調節は、阻害性Smad6/7を介して起こり得る。TGF-βスーパーファミリーシグナル伝達は、細胞増殖、分化および細胞外基質の再構成から胚発生までの多数の細胞反応を制御する。

お問い合わせ

  • Tel: +1-215-583-7898
  • Email: order_us@sinobiological.com
  • Fax: +1-267-657-0217
  • 代理店