Notchシグナル伝達経路

シグナル伝達経路

 製品の種類

 研究分野

 会社案内

 お問い合わせ

Notchシグナル伝達経路の背景知識

Notchシグナル伝達経路は、ほとんどの多細胞生物に存在する高度に保存された細胞シグナル伝達系である。Notchシグナリングは、胚および成人発育時の増殖、幹細胞維持および細胞の分化などの多くの基本的な細胞プロセスの調節において中心的な役割を果たす。哺乳類細胞では、NOTCH1、NOTCH2、NOTCH3およびNOTCH4と呼ばれる4種類の異なるノッチ受容体が存在し、冗長でユニークな機能を見せている。Notchは隣接する細胞上のDelta(ヒトではDelta-likeと呼ばれる)およびSerrate(ヒトではJaggedと呼ばれる)などの膜貫通リガンドと相互作用することによって短距離シグナルを伝達する細胞表面受容体である。リガンドとの結合は、Notch細胞内ドメイン(NICD)の切断および放出をもたらす。その後NICD は核に移動し、DNA結合タンパク質CBF1 / RBPjk / Su(H)/ Lag1(CSL)を含む転写複合体の機能を調節する。