GFPSpark® / OFPSpark®タグ付けのORF発現クローン

蛍光タンパク質は遺伝コーディングツールとして生命科学者に広く使用される。研究されているほとんどすべての内源性タンパク質が蛍光タンパク質に融合することができる。蛍光タンパク質の主な用途には、プロモーター活性測定、オルガネラ標識、タンパク質相互作用、薬物スクリーニング、センサーなどが含まれる。Sino Biologicalはすぐに使用できる数多くの発現クローンを揃えています。これらのクローンは遺伝子のC末端またはN末端にGFPSpark®/OFPSpark®タグを有し、哺乳動物細胞を一過性にトランスフェクトして蛍光を有するタンパク質を産生することができる。オルガネラまたは亜細胞構造の形態は、蛍光顕微鏡で直接観察することができる。

お薦めのSino Biologicalオルガネラ標識の発現クローン:
1)緑色蛍光タンパク質GFPSpark®/オレンジ蛍光タンパク質OFPSpark®が利用可能。
2)オルガネラを直接に標識する。
3)位置付けとタンパク質追跡を研究するための完璧なお選択。
4)操作が簡単で、他の抗体または化学的処理は不要。

蛍光タンパク質

緑色蛍光タンパク質(GFP)は、ビクトリアクラゲで最初に発見され、1992年に最初にクローン化されました。 1994年に初めてインビボで蛍光タグとして使用され、以来、構造的、生化学的、生物物理学的な面を含む緑色蛍光タンパク質(GFP)に関する一連の研究が開始されました。 分子生物学と細胞生物学における蛍光タンパク質の応用に関する多くの科学論文が発表されたと同時に、様々な色の蛍光タンパク質が開発されました。現在、数百もの蛍光タンパク質が存在する。Sinobioの緑色蛍光タンパク質GFPSpark®および赤色(オレンジ)蛍光タンパク質OFPSpark®は自社開発した製品で、市販されている蛍光タンパク質より強く安定したシグナルを有します。

GFPSpark®は緑色蛍光タンパク質GFPの変異体であり、励起波長および最大発光波長がそれぞれ487nmおよび508nmである。GFPSpark®の最大の利点は成熟時間が短いということであり、より速く蛍光を発することができる。と同時に、より強い緑色蛍光シグナルを有し、他の緑色蛍光よりも観察しやすい。
OFPSpark®は、赤色(オレンジ色)蛍光タンパク質DsRedの誘導体である。その赤色(橙色)蛍光励起波長および最大発光波長はそれぞれ549nmおよび566nmであり、高い光安定性およびpH安定性を有する。 OFPSpark®の急速な成熟により、哺乳動物細胞をトランスフェクトした8時間後に赤色蛍光シグナルを明確に検出することが可能である。

- より強い蛍光
- 高いpH安定性
- 急速な成熟
- 遺伝子発現分析、オルガネラおよび細胞内構造の標識に推奨。

GFPSpark® / OFPSpark®タグ付けのORF発現クローン

  • • より高いタンパク質発現レベル:エンハンサーCMVプロモーター
  • • 哺乳動物細胞の発現に適し、一過性トランスフェクションも安定トランスフェクションも可能。
  • • 発現検証済み
  • • 複数のタグが利用可能:C-、N-GFPSpark®/OFPSpark®
  • • 各遺伝子は完全長シークエンシングによって確認済み。

ORF発現クローンのプラスミドマップ

GFPSpark® / OFPSpark®タグのORF発現クローンの発現検証

GFPSpark®とEGFPとの比較:蛍光はより強く、より安定
A)pCMV3-GFPSpark®およびpCMV3-EGFP組換えプラスミドを、293H細胞に一過的に発現させた。 455〜495nmの励起光下で蛍光顕微鏡で細胞質に緑色蛍光を検出できた。GFPSpark®は、トランスフェクションの24時間後に非常に明るい緑色の蛍光を検出できた。
B)GFPSpark®およびEGFPをTUBB遺伝子のC末端でそれぞれ標識し、pCMV3発現ベクターを構築した。
C)GFPSpark®およびEGFPをTOMM20遺伝子のC末端でそれぞれ標識し、pCMV3発現ベクターを構築した。
これらの異なる発現プラスミドでHeLa細胞を一過的にトランスフェクトし、48時間後、緑色蛍光シグナルをレーザー走査共焦点顕微鏡(Nikon)で検出した。GFPSpark®は、EGFPよりも強い蛍光強度を有する。
GFPSpark®と市販のオレンジ蛍光タンパク質Redの比較: 蛍光はより強く、より安定
OFPSpark®および市販のオレンジ - 赤色蛍光タンパク質RedでそれぞれpCMV3ベクターを構築した。48時間後、赤色およびオレンジの蛍光シグナルが532.5-587.5nmの励起光下で検出され、OFPSpark®の蛍光シグナルはより明るい。

GFPSpark® / OFPSpark®タグのORF発現クローンーーオルガネラマーカープラスミド

異なる細胞下局在遺伝子を蛍光タンパク質と融合させ、pCMV3ベクターを構築した。これらの異なるオルガネラマーカープラスミドはHeLa細胞を一過性トランスフェクトした。48時間後、レーザー走査共焦点顕微鏡(Nikon)で蛍光シグナルを検出した(GFPSpark®励起/蛍光最大= 487 / 508nm、OFPSpark®励起/蛍光最大= 549 / 566nm)。

GFPSpark® / OFPSpark®タグ付けのORF発現クローンのリスト

オルガネラ 分子 品番 製品名 蛍光 在庫状況
Autophagosome ATG12/apg12 HG11111-ACG GFPSpark fusion with ATG12 C terminal Green In Stock
ATG12/apg12 HG11111-ACR OFPSpark fusion with ATG12 C terminal Orange/Red In Stock
LC3A/MAP1LC3A HG14322-ACG GFPSpark fusion with MAP1LC3A C terminal Green In Stock
LC3A/MAP1LC3A HG14322-ACR OFPSpark fusion with MAP1LC3A C terminal Orange/Red In Stock
LC3B/MAP1LC3B HG14555-ACG GFPSpark fusion with MAP1LC3B C terminal Green In Stock
LC3B/MAP1LC3B HG14555-ACR OFPSpark fusion with MAP1LC3B C terminal Orange/Red In Stock
ARHI/DIRAS3 HG14239-ACG GFPSpark fusion with DIRAS3 C terminal Green In Stock
ARHI/DIRAS3 HG14239-ACR OFPSpark fusion with DIRAS3 C terminal Orange/Red In Stock

蛍光タンパク質の関連製品

分子生物学サービス