EGFRシグナル伝達経路

シグナル伝達経路

 製品の種類

 研究分野

 会社案内

 お問い合わせ

EGFRシグナル伝達経路の背景知識

EGFRシグナル伝達は、様々なシグナル伝達経路によって細胞増殖、分化、遊走、接着および細胞生存を誘導する。EGFまたはEGF様タンパク質はEGFRの細胞外ドメインへの結合は、受容体の二量体化を引き起こし、固有キナーゼを活性化させ、細胞質領域の複数の残基におけるEGFRの自己リン酸化を誘導する。カルボキシ末端尾部における重要なチロシン残基の自己リン酸化はEGFR受容体を活性化した。活性化されたEGFRは、Src相同性ドメイン2(SH2)およびホスホチロシン結合ドメイン(PTB)を有する種々の細胞質タンパク質を補充し、細胞シグナル伝達を誘発する。