補体活性化シグナル伝達経路

シグナル伝達経路

 製品の種類

 研究分野

 会社案内

 お問い合わせ

補体活性化シグナル伝達経路の背景知識

補体系は、ほかの生物からの病原体を除去する抗体の能力を助けるための血液および細胞表面タンパク質の集合体である酵素カスケードである。血清タンパク質、漿膜タンパク質および細胞膜受容体を含む30種類の異なるタンパク質を含む補体系は先天性免疫系の重要な部分である。いくつかの補体タンパク質は、免疫グロブリンまたは細胞の膜成分に結合する。他は、活性化されたときに1つ以上の他の補体タンパク質を切断し、さらなる切断の増幅カスケードを開始させるプロ酵素である。このカスケードの最終結果は、応答の大量増幅および細胞死滅膜攻撃複合体の活性化である。補体系は、感染性病原微生物の溶解、炎症の活性化、オプソニン作用および免疫クリアランスを含む4つの主要な機能を有する。古典補体経路、代替補体経路およびマンノース結合レクチン経路という3つの異なる補体経路が存在する。