細胞療法タンパク質

DC細胞培養に関する細胞療法タンパク質

細胞療法の背景知識

細胞療法とは細胞材料を患者に注入するという治療方法である。細胞療法には2つの分枝がある。1つは合法的で既定なもので、つまり人の細胞をドナーから患者へ移植することである。もう一つは危険な代替薬物で、具体的に言うと動物細胞を注入して病気を治療することである。細胞療法の起源はおそらく十九世紀にさかのぼる。当時、Charles-Édouard Brown-Séquard(1817年~1894年)は動物の睾丸を人に注入して加齢の影響を止めようとした。1931年、細胞治療の発明者と呼ばれるポール・ニーハンス(1882年~1971年)は、牛の胚からの材料を注入することによって患者を治そうとした。ニーハンスによると、この技術で多くの人々の癌が治ったそうであるが、この研究は検証されたことがない。1953年、実験室の動物にドナー動物の細胞を移植することで臓器移植をする必要がなくなったことは研究者らは分かった。1968年にミネソタ州で初めてのヒト骨髄移植が成功した。また、骨髄移植は他のいくつかの種類のヒト細胞の療法、例えば壊れた膝関節軟骨の治療の中でも最も有効な方法だと判明された。最近では、人の材料で細胞を治療するというのはヒトの疾患の治療において重要な分野になった。幹細胞治療の実験領域で新型治療に希望があるようになった。主流の医学においては、細胞治療は独特のヘルスケア産業から支持を得た。この産業は将来によく発展する見通しである。