3.抗体断片は目的のシグナルを遮断します。

場合によっては、IPまたは共IPの間にサンプル成分をプルダウンするために使用される抗体の検出は、ウェスタンブロットまたは質量分析の結果の解釈を妨害する。この問題を回避するには、抗体の固定化または変性した抗体断片を認識しない検出試薬の2つの主要な方法がある。

1. 磁性ビーズに固定化された抗体

抗体のプロテインA、GまたはLが抗体と結合し、続いて架橋剤と共有結合し、 抗原結合部位を外側に方向を合わせるが、抗体機能の顕著な喪失をもたらし得る。この選択は、精製されていない抗体と適合する。この抗体を活性化された磁気ビーズ上に直接固定化することにより、抗体の機能をよりよく保護することができる。この選択は、樹脂が全てのタンパク質に見出されるアミンと反応するため、精製された抗体を必要とする。

2. 天然抗体に特異的な検出試薬

抗体
抗体
免疫沈降 / IP 抗体
免疫沈降 / IP 抗体製品の特徴
免疫沈降 / IP 抗体製品センター+
- 免疫沈降 / IP 技術センター
免疫沈降 / IPの紹介
免疫沈降 / IPのプロトコール
免疫沈降 / IPのコツ
免疫沈降 / IP トラブルシューティング
1. IP後はタンパク質が検出されなかった
2. バックグラウンドが高い (特異的または非特異的)
3. 抗体断片は目的のシグナルを遮断する
4. 最悪の場合: Co-IPは成功しない
免疫沈降 / IP FAQ